モーツァルト・チョコレートリキュール

"モーツァルト・チョコレートリキュール"の輸出業務をこの製品の開発時代より手掛けて20年余、日本を始め台湾、メキシコ、オーストラリアにまで輸出して来ましたが、2010年12月31日を以ってこの業務を終了しました。 モーツァルト・リキュールの生産会社"モーツァルト・ディステラリー"は2011年1月1日よりサントリーホールディングスが100%のオーナーとなりました。

Confiserie Heindl - ハインドル製菓

オグマ社は、1998年に日本におけるハインドル製菓製品の独占販売権を取得したハインドル製菓のビジネスパートナーです。ハインドル製菓は、「伝統と革新」 をモットーに、長年の経験と現代の技術を融合させた新しいスタイルの商品開発に取り組んでいます。今後はハインドル社との仕事に力を入れます。